ダントツでおすすめの証券会社はこちら




当サイトおすすめの証券会社はSBI証券です。

唯一、対抗馬として名前があがるのはマネックス証券で、マネックス証券は米国株の銘柄数が多い、指値有効期間が長いなどの長所がありますが、正直言って本当に魅力のある会社やETFは全体のうちごく一部なのでSBI証券で十分ですし、長期間の指値を長期投資で使うことはまずありません。

SBI証券はスマートフォンでの米国株取引がしづらかったりと欠点もあるのですが、それよりも手数料の安さが圧倒的なので、ほぼ一択といっていいでしょう。

他にも証券会社によって細かい差はありますが、買い付け時のコストが唯一損益に関わる要素なのでもっとも重要です。

手数料には2種類ある

大まかに、外国株購入時の手数料は2つに分かれています。

米国株式取引手数料

米国株式取引手数料は、SBI証券、マネックス証券は横並びです(楽天証券も同様)。

 SBI証券  マネックス証券
 約定代金の0.45%
手数料下限5ドル上限20ドル
 約定代金の0.45%
手数料下限5ドル/上限20ドル

外国為替手数料

SBI証券と他社の差が大きく、証券会社選びの際により重要なのはこちらです。

SBI証券も、普通に外国株を買うときに円から購入すると外国為替手数料が1ドルあたり25銭かかり、これは他社と横並びなのですが、系列サービスからあらかじめドルに両替しておく2種類の裏ワザを使うことで格安で買うことができます。

購入方法 手数料 デメリット
SBI証券 1ドルあたり25銭 なし
住信SBI銀行 1ドルあたり4銭 銀行↔証券の資金移動に少し時間差あり
SBI証券FXα 1ドルあたり0.5銭 1万ドル単位でしか購入不可

住信SBI銀行の外貨預金を利用した方法は、最近まで手数料が15銭ともう少し高かったのですが、さらに安くなりました。

今まではFXαを利用して1万ドル単位での両替をメインにしていましたが、ここまで安くなればもっと細かく購入することもできますね。

細かく購入できるということは、配当再投資をする際の効率もよくなり、リターンを手数料の差以上に押し上げることにも繋がります。

細かい両替方法の解説した記事はまた後日つくろうと思いますが、そんなに難しくないので必ず利用すべきテクニックです。

証券会社選びのコツ

証券会社を比較する際には、サイトのユーザビリティなど他にもいろいろな比較項目がありますが、やはり最も大事なのはコストです。いくらデータが見やすく表示されたとしてもそれによってあなたの運用成績がよくなるわけではないですし、マネーフォワードやポートフォリオのトラッキングアプリを利用することで情報の整理はいくらでもすることができます。

SBI証券の副次的なメリットとして、系列のSBI銀行は24時間コンビニで預入/引出手数料無料、毎月3回まで他行振込手数料無料とメインの銀行口座としても有用性が抜群です。

iDecoの手数料でも最安水準で、他の証券会社とくらべて頭一つ抜きでているイメージですね。

え?他のサイトでは違う証券会社がオススメされていた?それは他の証券会社のほうがアフィリエイトのキックバックが大きかっただけでは?

無駄に手数料を取る証券会社ほど、高額なアフィリエイトプログラムを用意して営業活動に力をいれる傾向があるので注意してくださいね。

to_blogmura
↑↑参考にしていただけた方はクリックお願いします!