シーゲル流、日本人向けポートフォリオ

シーゲル流ポートフォリオについて

僕が目指しているポートフォリオを公開します。

以下の記述はシーゲル教授の株式投資第4版、株式投資の未来に書かれていることを前提として、昨今の相場の傾向を踏まえつつ日本人向けにアレンジしたものです。

ネット上にもシーゲル本に影響を受けた方が数多くおり、それぞれのポートフォリオを公開していますが、一部シーゲル氏の主張を無視して米株1本で良いのだというような記述が目立ちます。

シーゲル氏は成長の罠という言葉で新興国への過大な期待を牽制する一方で、世界的に米国のマーケットが占める割合が今後低下していく旨についても言及があり、世界への分散投資が基本である論旨は株式投資第4版、株式投資の未来の両著で一貫しています。

僕自身も、ポートフォリオの半分で世界分散の下地をつくり、残り半分でリターンを補完していくという戦略は、リスクとリターンのバランスの取れた素晴らしいコンセプトだと思っています。

構成ETF紹介

ひとつひとつ解説していきます。

VT – 世界分散投資 (30%)

シーゲル氏の「時期によって利回りの良かった国は異なる。広く分散投資をしたものがより多くの果実を得るだろう。」という予言に従った、このポートフォリオのベース部分です。VTの構成として、米株が50%程度あるので、このポートフォリオ全体における米株の割合はおよそ65%となっています。

ポートフォリオ全体に占める新興国の割合は低めになるので、今後の中国、インドの台頭を見越しておきたい人などはVWO+VTI+VEAなどで割合を調節しても構いません。

【バンガード VT 徹底分析】 シンプルかつ最強の世界分散投資ETF

2017.08.30

日本債権・日本株(各10%)

シーゲル氏のポートフォリオには存在しない、日本人による投資であることを考慮した部分です。僕自身は、為替変動というのはむしろ長期的には各国のインフレ格差を調整してくれるバランサーであり、過度に心配すべきでない(詳しくは下記リンク参照)と考えていますが、短・中期的には本来の通貨バランスが現れないリスクが存在すると考えています。もし緊急でお金が必要になった場合の世界同時株安などを担保しているのが債権ですので、投資資金を安定して長期で運用できるのであれば日本株20%でも構いません。投資資金のうち2割を円建てで持つことで、為替の不意な変動リスクもマイルドになります。

また、日本株は過去米株との相関係数がEU各国に比べて低めだったというデータもあり、米株からの分散先にも優れています。シーゲル氏の研究成果は米株の過去データに基づいており、日本でもそっくり同じセクターなどが高利回りとはならない可能性もあるため、インデックスファンドを推奨します。

為替ヘッジをしなくていい理由

2017.06.15

VDC、VHT – セクター別投資(各15%)

シーゲル派にはおなじみの生活必需品、ヘルスケアセクターです。この2つのセクターは、株式投資の未来が出版されて以降も安定して高利回りを叩き出しており、シーゲル氏の研究の成果が確実に現れています。VDCはディフェンシブ銘柄として標準偏差も低く、VHTは今後さらなる成長の期待できるバイオ株を多く含んでいます。シーゲル派であれば、この2つをポートフォリオに入れないのは考えられません。

また、NISA枠は、120万円以上の再投資ができないため、配当が少なく株価自体が成長する銘柄が好ましいと考えていますが、VHTは成長率に対しての配当が少なめなので最もNISA向きではないかと考えています(下記リンク参照)。

【バンガード VHT 徹底分析】おすすめ度No.1のヘルスケアセクターETF

2017.09.03

最もNISA向けの米株銘柄とは?

2017.08.08

VBR – 小型バリュー株投資(10%)

シーゲル派の中でも、比較的意見の割れやすい部分ではないでしょうか。株式投資第4版で公開されていた小型バリュー株の過去成績の良さが根拠となっている部分です。とはいえ、VDCやVHTと比べるとここ10年ほどの成績はパッとしない部分があります。

また、標準偏差が高めなので安定性が低い傾向があります。僕はここ数年の傾向よりは長期的なデータを重視したいので1割をここに割いています。VIOVも検討しましたが、VBRのほうがシーゲル氏のデータ上では優れていると判断しました。

【バンガード VBR 徹底分析】目覚ましいリターンが期待できる小型バリュー株ETF

2017.09.01

VYM – 高配当株投資(10%)

こちらもシーゲル派ならば外せない銘柄でしょう。高配当の銘柄を再投資していくことが高利回りを叩き出しているのは長期に渡ってのファクトです。HDVよりもVYMのほうが分散先が広く、よりインデックスに近い動きになっています。HDVは生活必需品、ヘルスケアの割合が多く、このポートフォリオだとセクターが偏ってしまうためVYMが採用されています。もしVDCやVHTを採用しないポートフォリオであれば、HDVを推薦します。

【バンガード VYM 徹底分析】配当再投資戦略に最適な高配当ETF

2017.09.13

検討されたが非採用となったETF

他、ポートフォリオに入らなかった気になる銘柄など

VDE – エネルギセクター投資

シーゲル推奨のポートフォリオに入っていたエネルギーセクターですが、原油安の影響もあり、ここ10年の成績があまりに悪いので抜いています。市場平均を大幅にアンダーパフォームしています。逆に投資のチャンスと捉える方もいるでしょうが、産業構造の変化に伴って、既存のエネルギー産業の不況が長引く可能性もあるため、リスクが高めであると判断しています。

IXN – グローバル株投資

シーゲル推奨のグローバル株枠です。VBRの代わりにこちらを入れるのもありかもしれません。ここ10年の利回りもそれほど悪くありません。

VGT – ITセクター投資

シーゲルをはじめ、バフェットなどの投資家も回避してきたIT株です。実はここ10年の推移をみると大幅に市場平均をアウトパフォームしています。最近はバフェットがアップル株を購入したことなども話題となり、長期投資におけるIT株の位置づけもかわりつつあるといえるのかもしれません。

REIT – 不動産投資

シーゲル本でも少しだけ触れられていた、REITへの分散投資も考えたました。しかし、REITはそれ自体のリスクのバラ付きが大きく、かつ株式との相関も相当に高い印象があり、リスクの分散として弱いと考えてポートフォリオには含めませんでした。アメリカの不動産に投資するETFだとIYRなどがあります。

より保守的なポートフォリオを考えるのであれば、少量(5%程度)ポートフォリオにいれるのが望ましいかと思います。

ポートフォリオのリスクを調整するには

このポートフォリオにはリスク資産しか含まれていませんが、現金や国債などの無リスク資産を別途用意して、リスク資産と無リスク資産の比率を変化させることによってリスクを調整することができます。詳細はこちらの記事をごらんください。

簡単解説!トービンの分離定理

2017.09.12
to_blogmura
↑↑参考にしていただけた方はクリックお願いします!

ABOUTこの記事をかいた人

30台元システムエンジニア。 日本では経営学、アメリカで経済学や統計学などのビジネスを専攻。 趣味は株式投資からゲーム、音楽まで幅広く。 リンクフリーです、ご自由にどうぞ。