株式と他の投資商品の比較

まずはじめに、皆さんに考えて欲しいことがあります。

次にあげるものはどのように区別することができるでしょうか?

株式、債権、不動産、FX、バイナリーオプション、金、石油、仮想通貨、馬券、パチンコの玉。

これらはすべて、お金を払うことで、見返りにリターンを期待して取引されるものです。その意味で、広い意味で投資という言葉を用いた場合は、これらはすべて投資と分類されることがあります。

たしかに、どれもミクロな視点で見てみると、チャートはあがったり下がったり、馬もパチンコも勝ったり負けたりであまり差がないようにみえるかもしれません。

しかし、この中で僕が投資の対象として認めるものは、最初の3つだけです。

僕が投資という言葉を使うとき、それ自体が新しい価値を生み続けるものを保有する、という意味で使います。

例えば、株式は保有することで成長した企業の利益の中から配当を受け取ることができます。

債権は、企業や国に貸したお金の見返りに利息を受け取ることができます。

不動産は、住居などとして貸し出すことにより家賃を徴収することができます。

これらの、保有することによってそれ自体収益を生み出すものが投資先として最優先のアセットクラスになります。理屈として考えても当たり前の話ですが、歴史的にみても長期的に安定して投資家に利益をもたらす商品たちです。

次点として、インフレなどにより現金の価値が棄損されるリスクを軽減するために買うものとして、外貨、金、石油、仮想通貨などの商品があります。

現金というのはそれ自体が国の信用に基づいた商品なので、有事の際などには価値が不安定になりがちですが、金や石油には一定の実用性があるため、価値が大幅に減ることはないだろうという信頼があります。

また、仮想通貨は中央銀行が恣意的にお金を発行できてしまう(=通貨の価値を棄損する)リスクをなくすために、中央の仕事を世界中のPCに分散させ、暗号技術を用いて一定の額しか発行できない仕組みで通貨の希少性を担保しています。とても面白い試みです。

しかし、大事な点は、これらは価値の保存という機能においては優れた商品であるということはできますが、そこからのリターン(期待値)を期待して保有できる商品ではないということです。

競馬やパチンコはもちろん論外ですが、この観点からFXやバイナリーオプションといったものも投資家は手を出すべきではありません。単に勝つ人がいれば同じ数だけ負ける人が存在し、全体として手数料の分だけ快調に負けていくだけのサービスです。

僕がよく感じるのは、世の中の証券会社ではこれらの商品がなぜか同列のものとして扱われており、金融知識がない人がまともな投資商品にたどり着くまでの難易度が異様に高い世界に僕らは生きている、ということです。

資産運用は大切ですが、資産運用とはFXで適当に外貨を購入したり、バイナリーオプションで丁半博打をすることではありません。

続きを読む →

to_blogmura

長期投資の勝率とリスク

過去の実データにおける、アメリカ株長期投資の勝率は100%です。

これは過去100年以上に渡って、アメリカ株において実現している客観的な事実です。

特定の個別株の話をしているわけではありません。S&P500というアメリカの株価指標に代表される、市場平均がずっとそのように推移してきたのです。

もしかしたら、懸命な読者様から、2017年にダウ平均が高値を更新しているのだから、2017年まで株をずっと持ってれば勝率100%になるのは当たり前だ、というツッコミが入るかもしれません。

しかし、それも違います。なにしろ、S&P 500という指標が作られて以来、どの年に投資をはじめていたとしても、20年以上保持していれば確実に儲かっていたのですから。

これはS&P500のいままでの実データからみた、n年の長期保有をしたときにどれくらいの確率で利回りがマイナスになったかを表すグラフです。

縦軸が損をした確率、横軸が保有年数となります。

例えば、n=5で5年間の保有であれば、1926-1931年、1927-1932年、1928-1932年・・・・というようにそれぞれの利回りが実際いくらになったのかと算出し、マイナスになった確率がどれくらいかをグラフ化しています。

グラフを見ると分かる通り、単年の投資では1/3程度の確率(32%)でマイナスとなっていますが、保有期間が18年を超えた地点では0%になっています。

これはつまり、これまで過去にS&P500に18年間以上投資していた人で、どの期間に取引をした人であっても損をした人はいないということです。(ただし、これは年単位で切り取ったデータなので、1年のうちどこで切り取ったデータかによってバラツキは発生しますが、海外のWebページからデータを取ってきており恣意的に作成したデータではありません。)

それでは、ここ100年くらいのアメリカ株投資家において、17年間運用益がマイナスとなり続けた一番不運だった人はどのタイミングで投資した人だったのでしょうか?

大きかった下落幅では、1930年からの世界恐慌、また最近の例では2008年のリーマンショックが記憶にあたらしいですが、意外にもこれらの例では下落幅も大きい一方で回復速度もはやく、長期投資においてはそれほど大きな問題になっていません。

長期投資においてなかなか結果がプラスにならずにもっとも不運だったのは、1965年-1981年に投資していた人になります。1973年の石油危機などを経て、長期に渡ってアメリカ市場が低迷していた中、世界経済で順調に成長を遂げていたのは他でもない日本でした。

つまり、最悪のタイミングで1965年に仮に投資をはじめていたとしても、ポートフォリオの一部を日本株にしていたなら、もっと早いタイミングで資産はプラスに転じていたことでしょう。

ポートフォリオの全てを一つの国に預けるのではなく、適度に分散させておく姿勢は過去を学ぶ中からも正当化されます。

続きを読む →

to_blogmura

VALUについての私見

VALUというサービスが面白いです。

https://valu.is

株式会社のシステムをそのまま個人にも適用したような仕組みで、自分の価値をVA(株式)として売り出すことができます。通常の株式は、将来の配当を根拠にして価格がつきますが、VALUの場合はVAを買ってくれた人に対して優待を設定することができるため、これが価格の根拠となっているということができます。

ただし、優待の有無は個人が自由に設定できるようですし、仮に設定されていたとしても、それが将来にわたって持続するような決まりはありません。株式会社の場合は大株主になれば経営権をも掌握することができますが、VALUは個人が株主に生き方を拘束されるわけでもないので、実際のVAの価値は通常の株式よりも著しく低いということができるでしょう。

それでも、多くの人が大金を払ってまでも有名人のVAを購入したりと相場が加熱している現状は、ケインズの有名なアナロジー、美人投票を彷彿とさせます。投票者が100枚の写真の中から、もっとも容貌の美しい6人を選び、投票者全体の平均的な好みにもっとも近かった人に賞金が与えられるというものです。このようなゲームを行うと、自分が実際に誰が好みかではなく、他の人が誰に投票するかを考えるメタゲームとなり、その深読みが何層にも重なっていった結果として、一般的に美人とはいえない人が選ばれる結果にもなり得る、といったお話です。

短期トレーダーは、このような状況をむしろ好ましいと考えるかもしれません。いち早く上がりそうな銘柄(人物)を見つけてVAを買っておけば、自分と同じようなことを遅れて考えた愚か者に高額で売りつけることができます。

このサイトで推奨しているのは安定した長期投資なので、VALUを投機の対象として利用することはおすすめしません。積み上げられた砂上の楼閣はいつか崩れるのが目に見えてるからです。株式の場合は、今の価格が妥当かどうかの指標としてPERなどを利用することができますが、VALUにはこういったものもありません。人々が長い間、何かに高い値段をつけるためにはそれなりの根拠が必要なのです。この観点からいって、VAには投資対象としての価値はないといってもいいでしょう。

でも僕は、VALUには違った意味で価値があるし面白いシステムだと思います。VALUは年会費が時価で決まるファンクラブのようなものだと考えることもできます。たくさんの人が良いと思うようなサービスが提供されれば必然的に高い値段がつくし、そうでなければ徐々に時価総額は失われていくでしょう。アーティストが流動的なファンクラブとして利用する他にも、情報商材ビジネスの場としても面白いかもしれません。情報商材には怪しいものが多いですが、本当に情報の価値があるものにはそれなりの価格がつき、そうでないものにはつかないことになるでしょうから、一般的な怪しい情報商材に比べれば市場原理によって淘汰圧を受けやすく流動性が高い分、健全だということができます。

試しに、僕も昨日上場申請をしてみたのでよかったら買ってもらえると嬉しいです。

VAを買ってくれた人向けのサービスとして、僕の買っている銘柄の公開や、その人の資産状況に応じた購入銘柄のアドバイス等ができればいいかなと考えてます。そもそも審査が降りるのかどうかもよくわかりませんが、たいした値段はつかないと思うのでよろしくおねがいします。

7/28日 追記
先日、上場しました。基本的には、投資に必要な知識はこのBlogで完結させていくつもりですが、僕の資産状況に興味のある奇特な方や、応援してくれる人は株主になってくれると嬉しいです。

https://valu.is/hiroakit

to_blogmura

レバレッジETFを考える

僕にとっては年に7%増える分散投資というのは魔法のような成果で、これだけ確約されれば人生の経済的な問題はすべて解決されたようなもの、というような卓越した数字なのですが、多くの人はこの数値を聞いてもピンとこないようです。

ただ、思い返してみれば僕も昔は年に20%儲けたいとか考えていたりもしました。率直にいって若かったということだと思います。

問題は、そういった大きな利益を狙う人間が、7%どころか0%、むしろほとんどの場合はマイナス期待値の世界へと飛び込んでいくことです。

FX、株の短期トレード、バイナリーオプション、金、仮想通貨、競馬、パチンコ・・・・。

もちろん、何を前提にするかにもよるし、何らかの根拠を持ってトレードしている人はこの限りではありませんが、基本的にこれらは単にリスクを取ってるだけでリターン(期待値)のない商品です。

しかし、実際にはより大きなリスクを取ってもいいからより大きなリターンを目指したいという需要もあるかと思います。

今回は、そういった需要に応えたETFを紹介してみます。

続きを読む →

to_blogmura

完全無欠コーヒーと動脈硬化リスク

2ヶ月前に、医者から肝臓の数値が危険水準にある旨を直電で宣告されてから、ダイエットをはじめました。

最初の1ヶ月弱(5/11~6/4)は通常の低糖質ダイエットと運動です。

  • お昼はスープカレー(炭水化物とライス抜き)、夜はガストでアボカド・シュリンプサラダと鶏肉のグリルガーリックソース
  • 毎日徒歩15分の歩き通勤
  • 週に1度、1-2時間程度のジムでのスタジオレッスン

2ヶ月目(6/5~)からは話題の完全無欠メソッドを取り入れて、

  • 毎日1~2杯のバターコーヒー
  • 毎晩4粒のクリルオイルサプリ

を追加しています。大体2週間おきに血液検査で健康状態をモニタリングしているので、その経過をレポートします。

続きを読む →

to_blogmura

分散投資でリターンを高める方法

分散投資はリスクを下げる、このことは広く知られているのでいまさら解説するまでもないと思います。そこで、この記事ではもう少し踏み込んだ話をご紹介したいと思います。

実は僕は元々、リスクの選好度が高く、そんなことよりも期待値を重視するタイプの性格でした。

もし仮に株というものが全体的に成長するのであれば、その中のうちの株をランダムに買ったところで期待値は変わらないはずだから、むしろ適当に株を選んでみるのも面白いかな、なんて思っていました。

この考え方が明確に誤りだということに気づいたのは、「ウォール街のランダム・ウォーカー」を読んだときからです。

続きを読む →

to_blogmura

株式投資のチュートリアル

株式投資をはじめたいんだけど、何を買うか、どの証券会社を選ぶか、どんな手続きが必要なのかさっぱりわからない。

そんな初心者のために証券会社選びから銘柄選びまでを網羅した記事を書きたいと思う。何もわからない人が、最速で自分の資産をシーゲル流のポートフォリオにて運用できるための情報を目指している。意外とブログなどでも見かけない、「マネするだけ投資法」である。

Rubyというプログラミング言語で、Railsというフレームワークを勉強するために用意されたチュートリアルがあるのだが、そこでは開発環境からサーバまで、全てが勉強用としてあらかじめ決められていてすごく便利だった。今回はそれに習って、僕の方でどの証券会社を使うか、どの銘柄を買うかなども全部決めさせていただく。

効率的に説明するには、証券会社などの条件はすべて揃えるべきだ。どうせ合理的な解は絞られるのだから。

つまりこれは、「悪いようにはしないから俺に言われたとおりにしときなよ。」というパターナリズム(相手のためを思った上から目線)全開の記事である。どうしてそうすべきか等の説明はまた他の記事で書くつもりなので、あまりその点を細かく解説する気はないし、自分で考えたほうがうまくいくと思う人はこの記事を読む必要はない。

株式投資をはじめたい初心者の方が、僕の推奨するポートフォリオに近いものを実際に構築する、そこまでの手順を解説したもの、それがこの記事である。

対象とする読者の範囲は、1万ドル分(今の相場でおよそ110万円程度)以上の余裕資金がある人とする。

買う銘柄などの選び方は、「ウォール街のランダム・ウォーカー」「株式投資第4版」「株式投資の未来」という3つの有名な著書から得られた知見がベースとなっている。この通りに買ったからといってうまくいく保証はないし、失敗しても僕は責任を負うつもりはないが、客観的に歴史を振り返った場合に長期的には限りなく高い確率で勝てる投資法だと言って良い。

※筆者は証券会社などから一切広告料などは貰っていないことを明記しておきます。

続きを読む →

to_blogmura

為替ヘッジをしなくていい理由

日本人の米株投資家が必ず一度は考えるのが、為替ヘッジについてだろう。

シーゲル本は主にアメリカ人が対象になっているので、彼らがアメリカ株を買うことは為替リスクを伴わないが、僕らにとっては事情が違う。

将来的に上がり続ける期待を持てる株式と違って、為替は激しい上下運動を繰り返しているようにみえる。

僕たち個人投資家は、この為替リスクについてどのように考えるのが正しいだろうか?

───結論から言うと、僕は為替ヘッジは必要ないと考えていて、その理由を説明していきたいと思う。

続きを読む →

to_blogmura

人生のクリア条件

人生は50万ドルでクリアできる。

日本円でいうと、5000万円程度だ。

人生クリアとはどのような状態かというと、働かなくても食べていける状態である。

何かに追われながら、日々の仕事に身を投じ、それでもそこに何かしらの生きがいを見出していこうなどとする、貧しい状態からの解放が約束される額だ。

アメリカ株の平均リターンは7%程度なので、5000万円が手元にあると、株式による収入で、おおよそ年収350万円の人が働いて稼ぐのと同じくらいのお金を毎年受け取ることができる。

これを40代、50代で達成すれば、例えばアーリーリタイアメントが達成できるというわけだ(無論、これは最低ラインなので現実的にはもう少し貯めたほうがいいだろうが)。

では、毎年どの程度の額を積立し、株式投資に回せば人生をクリアできるのだろうか?

人生クリア状態とは、限られた人間のみに与えられた特権なのだろうか?

次の図を見てほしい。

20歳から年間それぞれ50万円、100万円、150万、200万円を積立し、それをアメリカ株のS&Pインデックスに投資した場合の資産推移である。

5000万円の地点をみると、年間200万の積立なら35歳、150万なら38歳、100万なら43歳、50万なら51歳で人生がクリアできることになる。

このグラフの前提は、7%の株式リターン(100年以上の過去米株S&Pリターンの平均)、無税(NISAで実現可能だが、全部はカバーできないので実際はこのグラフよりも少しクリア達成は遅れるだろう)だ。

20歳からそんなに積立ができないという方は、脳内でグラフを右にシフトさせて欲しい。仮に25歳から積立をはじめたら、達成が5年伸びるだけである。

このグラフを見ればわかる通り、普通のサラリーマン程度の年収の人でも、5000万円貯めて人生をクリアすることはそんなに難しいことではない。年50万程度の積立(月4万2千円くらい)をコツコツと投資にまわしていけば、時間はかかるながらも達成可能なラインだ。

一方、全く投資などをしなかった場合は、次のようになる。

20歳から60歳まで積立をしたときに、運用をしていた人とそうでない人の差は5倍程度、税金を考慮すると4倍程度になるだろうか。つまり、年50万円の積立でも、正しく運用していれば年200万円積立をした人と同じだけの老後資金を確保できるということになる。

なお、この記事は特別にアーリーリタイアメントを奨励するしているわけではない。

クリア後の人生は、働きながら毎年350万円の不労所得を派手に使って遊ぶのもいいだろう。

大事なのは、5000万円貯まれば、そこからの人生にはほぼ経済的な自由が保障されているということである。

仕事が嫌になったら辞めて、ゆっくり働ける転職先を探すのもいいだろうし、資産1億円を目指して積立を継続して、完全な仕事からの解放を目標にするのもいいだろう。

僕は、このまま普通に積立を続けていればそのうち人生をクリアしてしまうことを悟り、少し前から家事代行サービスの利用を始めた。月2万円で部屋を清潔に保ってくれる。

老後に有り余る金があってもしょうがないし、今から少しでもQOLを向上させるために金を使わねば、というようなことを考えている。

to_blogmura

レジスタンス、アヴァロンのLINE BOTを作りました。

レジスタンス アヴァロンをLINEで気軽にプレイするためのBOTを作りました。

定員が50人までなので、40名前後までいった場合は非公開に変えさせていただく可能性がありますが、まだ枠は余ってますのでご自由にお使いください。5人-10人で遊べるゲームですので、友達と遊ぶのにいいと思いますが、もしプレイする相手に困ってるようなら、うちのLINEアヴァロンサークルでも遊べますので、@hiroakit_rokoまでご連絡ください。

QRコード

ID検索する場合は、@ufh8655t です。

以下説明書

続きを読む →

to_blogmura